東京の中心で 生きる
Location

都市開発を手がけてきた森ビルは、
東京のなかでも「中心」という価値に
こだわってきました。
都市の魅力とは人の魅力であり、
人が集まる場所でこそ
最大化されると考えているからです。
虎ノ門という地も私たちが
大きな可能性を感じて向き合い、
再開発を続けてきたエリア。
東京の中心に位置し、
羽田空港を通じて
世界ともつながるこの街は、
新たなグローバルビジネスセンター
「虎ノ門ヒルズ」として
ますます価値が高まっていくはずです。
Location #1

新たな
交通結節点

交通利便性
空の玄関口である
羽田空港へも20でアクセス。
世界とつながる虎ノ門に、
東京の中心がシフトしています。
※時間帯や交通事情により所要時間は異なります。
※汐留経由(16.5㎞)。自動車の所要時間は、第 3 ターミナルまでで一般道の場合時速 40 ㎞ 、首都高速道路は法定速度に準じて算出しております。
主要エリアまでの所要時間
  • 掲載の所要時間は日中平常時の所要時間です。また、乗り換え待ち時間は含んでいません。掲載情報は2020年11月現在のものです。
  • 東京駅まで 6分:東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」より東京メトロ日比谷線利用。「霞ケ関駅」で東京メトロ丸ノ内線に乗り換え。
  • 新宿駅まで 13分:東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」より東京メトロ日比谷線利用。「六本木駅」で都営大江戸線に乗り換え。
  • 渋谷駅まで 11分:東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より直通
  • 品川駅まで 15分:東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」より東京メトロ日比谷線利用。「日比谷駅」で山手線「有楽町駅」に乗り換え。

羽田空港や湾岸部へ
スムーズにアクセス

羽田空港まで汐留ICを経由して約20分でアクセスできる虎ノ門エリア。さらに2022年に環状2号線が本線全線開通すれば、湾岸部へもダイレクトにアクセス。羽田へのルートも選択肢が増え、よりスムーズになることが期待されます。世界とつながり、東京の大動脈とつながる交通結節点として。グローバルビジネスセンター虎ノ門は、ますます便利になっていきます。
※時間帯や交通事情により所要時間は異なります。
※汐留経由(16.5㎞)。自動車の所要時間は、第 3 ターミナルまでで一般道の場合時速 40 ㎞ 、首都高速道路は法定速度に準じて算出しております。

地下鉄「虎ノ門ヒルズ駅」と
虎ノ門ヒルズ ステーションタワーが直結

2020年に暫定開業した日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」。地下通路でつながる銀座線・虎ノ門駅とあわせ、都内各所へ便利に移動できます。(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー完成時には駅前広場や開放的な地下コンコースも整備され、一体的な街づくりがさらに進む予定です。
以下、虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(2023年7月完成予定)

バスターミナルと直結

ビジネスタワー1F
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(約140m 徒歩2分)の1階には約1,000㎡規模のバスターミナルを整備。地下歩行通路を通じて日比谷線虎ノ門ヒルズ駅にも直結するこのバスターミナルには、羽田空港との間を往復するリムジンバスのほか、都心と臨海エリアを結ぶBRTが発着します。
BRTとは「Bus Rapid Transit」(バス高速輸送システム)の略です。連節バスの採用や走行空間の整備等により、路面電車と比較して遜色のない輸送力と機能を有し、定時性・速達性を確保した、バスをベースとした交通システムを指します。
駅前広場
接続デッキは2023年完成予定
虎ノ門ヒルズ
ビジネスタワー
虎ノ門ヒルズ
森タワー
虎ノ門ヒルズ
ステーションタワー
(仮称)
日比谷線
虎ノ門ヒルズ駅
虎ノ門エリア
虎ノ門ヒルズ
レジデンシャルタワー
TORANOMON HILLS RESIDENTIAL TOWER
13
新宿
SHINJUKU
11
渋谷
SHIBUYA
15
品川
SHINAGAWA
六本木
ROPPONGI
銀座
GINZA
皇居
IMPERIAL PALACE
霞が関
KASUMIGASEKI
6
東京
TOKYO
虎ノ門
TORANOMON
虎ノ門
TORANOMON
羽田空港
HANEDA AIRPORT
臨海副都心ICを
経由したルート
汐留ICを
経由したルート
Location #2

国際色
豊かなエリア

グローバルビジネスセンター
虎ノ門のある港区は
東京の中でも
国際色豊かなエリア。
大使館やグローバル企業も多く、
多様性にあふれています。

大使館やグローバル企業の多いエリア

虎ノ門のある港区は、外国人にとって住みやすい街。グローバル企業や各国の大使館も集まっており、東京の中でも外国人居住者が多いエリアとなっています。
Location #3

進化し
つづける東京

多様性に溢れるエリア
虎ノ門周辺でも
多くの再開発が進行中。
ヒルズエリア全体が
さらなる
グローバルビジネスセンターへ。

東京の磁力を
高め進化するヒルズエリア

虎ノ門ヒルズは、森ビルがこれまで手がけてきた「アークヒルズ」「六本木ヒルズ」エリアや、再開発工事中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」に近接しています。今後それぞれのエリアがつながって連携を強めることで、ヒルズエリア全体がより求心力のあるグローバルビジネスセンターとなっていきます。虎ノ門ヒルズを中心に東京の磁力は高まり、都心に暮らすことの価値はさらに高まっていくはずです。
アークヒルズ
(約890m 徒歩12分)
六本木ヒルズ
(約2280m 徒歩29分)
虎ノ門・麻布台プロジェクト
(2023年竣工予定)
愛宕グリーンヒルズ
(約310m 徒歩4分)
所在地
東京都港区愛宕1丁目100番1ほか(地番)
交通
東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」A1出口より徒歩2分
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」2b出口より徒歩6分
虎ノ門ヒルズ
レジデンシャルタワー
TORANOMON HILLS RESIDENTIAL TOWER
六本木ヒルズ
ROPPONGI HILLS
アークヒルズ
ARK HILLS
虎ノ門麻布台
プロジェクト
愛宕グリーンヒルズ
ATAGO GREEN HILLS
虎ノ門ヒルズ
TORANOMON HILLS
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。なお、形状の細部、設備機器等は表現しておりません。表現されている植栽は施工上の都合により、設定位置・樹高・本数等変更となる場合があります。周辺の建物などについては一部簡略化しており、実際とは異なります。/※掲載の概念図・イメージ図の形状・色等は実際とは異なります。なお、形状の細部、設備機器等は表現しておりません。